<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


転職と志望動機について語ってみる

もし転職しようとするならば、必ず聞かれるのが志望動機です。

転職者の志望動機のほうがポイントになるようで、新卒者でも聞かれることがありますが
重要の度合いが違います。

少なくとも転職者にあるのは仕事の経験です。
経験があるだけに中途採用を行っている採用企業の側からすると、志望動機というのは採用する上でとても重要な点なのです。

具体的に志望動機というのは、一番どんなことに興味があるのか、この企業で働きたい理由はなんなのかということです。

転職の志望動機を尋ねられているのに、志望動機とはまったく違う的外れの返答をする人が多いという話を面接官から聞くことがよくあります。

転職の志望動機というのは、なぜ今ある仕事をやめてまで新しい企業を探しているのかということです。

どのくらい真剣に会社のことを思って働いてくれるのか、なぜこの会社を選択したのかということが、採用をする側にとっては大事なことになってくるのです。

希望している会社の仕事内容と、本来自分がやってみたい仕事が合ったとき、転職の志望動機というのは成立するでしょう。


転職活動・就職活動にはお金がかかります
KCマネーカードならそういう活動にもつかえます
KCマネーカードお申込はこちら 甘い審査で大好評
こちらにて詳しく解説していますよ


この会社で働けるなら、どれだけ誠実に仕事をすることができて、モチベーションを高く持ち続けられるのかという事を説得するものなのです。


あまりにも転職の志望動機と会社が欲しいと思っている答えが異なってしまうと採用はされないでしょう。

自分がやりたかった仕事と異なるということに入社してから気が付いて、やる気がなくなってしまったりやめてしまう原因になります。

転職するときは志望動機と会社の要望があっているか事前に確認するようにしておきましょう。
[PR]

by aporo_99 | 2013-07-18 15:32 | 社会

ニートの就職をサポートする所

ニートの人がスムーズに就職できるようにサポートをしてくれる所も増えているようです。


ニートという言葉をよく聞きますが、どんな人のことを表しているのでしょう。

ニートというのは、教育や就職、そして職業訓練を受けていない人、していない人という意味の言葉です。


**********************************
ニート支援のための資金源としてもつかえる
楽天銀行オススメローンご紹介
楽天銀行はニートといった社会的弱者の味方です
安心して楽天銀行ブランドをご利用下さい。
**********************************


身体的や精神的な病気や怪我の為、そしてお金が無いなどの理由で教育を受けられない人もいます。

就きたい職業があっても年齢制限があって就職できないなどの理由による人も含まれています。

仕事をすべきなのに仕事をしないという目でニートを見る人もいます。

働きたくても病気などで働けないなどなかなか就職するのが難しい傾向があると思われてきました。

ホームページの就職情報サイトでは、ニートだった人でも就職活動ができるように情報提供をしていることもあります。

ニートの人の就職をサポートするところが多くなったのはなぜでしょうか。

うつ病やパニック症候群といった精神的な病気を持つ人が増えています。

あわせて企業も働く人の精神面を援助しなければないない状況が当たり前になってきた影響により、ニートの補助をする人が多くなったとも言われています。

就職活動を行う場合は、ニートでいる期間が長かった人ほど不利だといいます。

ニート状態を早くに脱却できるようにすることが、就職するためには必要です。
[PR]

by aporo_99 | 2013-07-02 00:51 | 社会
line

気になったことを書いていくよ


by aporo_99
line