<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


英語と語学eラーニング

実際に人間の先生と対面して授業を受ける形式ではないで
eラーニングは画面に向かって勉強をするシステムとなります。

これはつまり、言い換えると通信教育です。従来の通信教育はあくまでも紙ベースのもので、音声や映像などを交えた解説が出来ないことから学習できる科目に限界がありました。

eラーニングの強みは情報通信技術の進歩によって音声や映像をリアルタイムでやり取り出来る点にあります。これが可能になることによって、最も恩恵を受けるのはどんな科目でしょうか。


それはずばり、語学なんです。

実際にeラーニングシステムがいち早く普及したのがこの語学分野で、その中でも最も学習人口の多い英語がeラーニングの火付け役になっていると言っても良いでしょう。

なぜ語学がeラーニングに向いているかというのは、もはや説明の必要はないと思います。

他の科目と違って、語学には読み書きだけでなく会話があるからです。ですから、eラーニングの火付け役になっているのは厳密に言うと「英語」ではなく「英会話」ということになりますね。

英語(英会話)をeラーニングで学ぶ方法はたくさんあります。通信を使わない教材としてはパソコンやゲームマシン向けのソフトを使って学習できるものがあります。

これらはあらかじめソフトの中に用意されたカリキュラムを自分のペースで進めていくというもので、最近ではニンテンドーDS用の英語教材ソフトが大ヒットしたのでご存知の方も多いと思います。

同様のソフトはパソコン用にもたくさん販売されており、内容も非常に充実しています。


**********************************
甘めの審査でおなじみキャレント
キャレントキャッシングご紹介 連帯保証人不要!
オススメのネットキャッシングです
**********************************


それをさらに進化させたものとして、インターネットを利用したものが現在では主流になっています。

eラーニングを提供しているサイト上で行うものや、専用のソフトを使って行うものまで。いろいろあります。インターネットを利用する最大のメリットは、双方向通信であることです。

一方的に出された課題をこなすことだけで学習するよりもキャッチボールのようにお互いにやり取りするほうが語学の学習には適していると思います。また、語学の場合は会話という要素があるので、動画や音声を使って正しい発音をチェックできるのも大きなメリットです。


最近では英語力を国際的に測ることが出来るTOEIC試験を目指す人が多く、その多くがeラーニングによってTOEICの受験勉強をしている状況があります。

TOEICには筆記試験だけではなくヒアリングや会話力の試験もあるため、eラーニングの効果は絶大です。
[PR]

by aporo_99 | 2013-05-04 14:19 | 教育
line

気になったことを書いていくよ


by aporo_99
line