カテゴリ:教育( 3 )


試験勉強に最適のeラーニング


**********************************
仕事、就職でメリットとなる資格勉強には、お金がかかりますね
職場へ電話しません!モビットの安心キャッシング
こちらのモビットなら勉強資金にも使えます
**********************************


自宅でも勉強でるeラーニングは資格試験にも最適です。

好評な理由は、自分で決めた学習ペースをでスケジュールを立てることができるからでしょうか。

自分で立てた計画を実行できる意志力のある方にとっては最適の勉強方法です。

といっても、そんな人はかなり少数ですよね。

ほとんどの方は心当たりがあると思います。
大学受験では数多く予備校があります。みなさん浪人すれば、そこに通います。
勉強するモチベーションが保てない方に予備校は良い選択肢です。

さて、eラーニングを利用した資格試験の勉強としては

宅地建物取扱主任
ファイナンシャルプランナー
日商簿記


宅建、FP,簿記の分野でよく利用されます。


その理由は明白です。
eラーニングで学習するのに適している上で3つの資格は

メリットが大きいからです。

日商簿記は3級までの試験ならたいしたことはありません。
しかし2級から急に難易度が上がります。

その分リターンも多く、日商簿記の2級をもってることで、就職でのアピール材料になります。

資格手当てがつく会社もあります。


宅地建物取扱主任は宅建の名前で知名度が高い不動産関係の資格です。

宅地建物取扱主任は国家資格で、資格というより免許といった方がいいでしょう。
これがないと出来ない業務があります。


賃貸業者・不動産屋には必須の資格です。

賃貸を借りたことがある方は経験したことがあると思いますが
実際に部屋を契約する段階になると宅建の有資格者が出てきて重要事項説明というのをしてくれます。

なので、賃貸業者にも必要な資格となります。


実務と直結している宅建はeラーニングでも人気講座です。


最後にファイナンシャルプランナー
FPといってもあまりピンとこないかもしれません。

資金管理や運用のコンサルティングをする仕事です。
国家資格ではないので資格が無くても同種の業務はできます。
しかし、専門知識が多く、誰にでもすぐ出来るというものではありません。


資格試験も難易度が高い分、金融系職場では評価されることが多いので
eラーニングでも人気があります。
[PR]

by aporo_99 | 2013-06-15 12:38 | 教育

英語と語学eラーニング

実際に人間の先生と対面して授業を受ける形式ではないで
eラーニングは画面に向かって勉強をするシステムとなります。

これはつまり、言い換えると通信教育です。従来の通信教育はあくまでも紙ベースのもので、音声や映像などを交えた解説が出来ないことから学習できる科目に限界がありました。

eラーニングの強みは情報通信技術の進歩によって音声や映像をリアルタイムでやり取り出来る点にあります。これが可能になることによって、最も恩恵を受けるのはどんな科目でしょうか。


それはずばり、語学なんです。

実際にeラーニングシステムがいち早く普及したのがこの語学分野で、その中でも最も学習人口の多い英語がeラーニングの火付け役になっていると言っても良いでしょう。

なぜ語学がeラーニングに向いているかというのは、もはや説明の必要はないと思います。

他の科目と違って、語学には読み書きだけでなく会話があるからです。ですから、eラーニングの火付け役になっているのは厳密に言うと「英語」ではなく「英会話」ということになりますね。

英語(英会話)をeラーニングで学ぶ方法はたくさんあります。通信を使わない教材としてはパソコンやゲームマシン向けのソフトを使って学習できるものがあります。

これらはあらかじめソフトの中に用意されたカリキュラムを自分のペースで進めていくというもので、最近ではニンテンドーDS用の英語教材ソフトが大ヒットしたのでご存知の方も多いと思います。

同様のソフトはパソコン用にもたくさん販売されており、内容も非常に充実しています。


**********************************
甘めの審査でおなじみキャレント
キャレントキャッシングご紹介 連帯保証人不要!
オススメのネットキャッシングです
**********************************


それをさらに進化させたものとして、インターネットを利用したものが現在では主流になっています。

eラーニングを提供しているサイト上で行うものや、専用のソフトを使って行うものまで。いろいろあります。インターネットを利用する最大のメリットは、双方向通信であることです。

一方的に出された課題をこなすことだけで学習するよりもキャッチボールのようにお互いにやり取りするほうが語学の学習には適していると思います。また、語学の場合は会話という要素があるので、動画や音声を使って正しい発音をチェックできるのも大きなメリットです。


最近では英語力を国際的に測ることが出来るTOEIC試験を目指す人が多く、その多くがeラーニングによってTOEICの受験勉強をしている状況があります。

TOEICには筆記試験だけではなくヒアリングや会話力の試験もあるため、eラーニングの効果は絶大です。
[PR]

by aporo_99 | 2013-05-04 14:19 | 教育

Eラーニングについて解説①

eラーニングについてのお話をする前に、そもそもeラーニングとは何かということからまず
ご説明したいと思います。

eラーニングというのは英語から生まれた造語で、「e」と「ラーニング(Learning)」をくっつけた言葉です。

誰が最初に言い出したのかは分かりませんが、ある時期(おそらくインターネットの普及が進んだ時期)
から何でもコンピューターや通信技術に関係したものに「e」の文字がつくようになりました。

Eメールやeマネー、会社名ではeバンクやeアクセス。どれも名前に「e」の文字がついています。

「e」というのは「electric(電子)」という英単語の頭文字を意味していますから、「e」がつく何かというのはどれも電子○○というものを意味しています。


たとえばeメールは電子メールと呼ばれることもありますし、eマネーは電子マネーと呼ばれることもありますね。この法則で考えるとeラーニングというのはコンピューターや通信技術を使った教育システムと解釈することが出来ます。

実際にこれは正解で、eラーニングはその方法論こそ色々あるものの、おおむねコンピューターや通信技術などを利用した教育システム、またはそうした教育サービスなどを意味します。



かつて何かを学ぶというのは、そのままそれを教えてくれる先生のところへ赴いて習うというのが当たり前でした。それは現在ももちろんそうで、学校はそのための場所です。
eラーニングという学び方が普及してきた今でも、やはり先生のところで学ぶという学習スタイルがもっとも優れていることには変わりないのでしょう。


eラーニングという言葉は1990年代になってようやく登場したものですが、それまでにも同様の発想で考案された教育システムはありました。

かつてCAIと呼ばれた教育システムがありました。

これはパソコンで学習ソフトを動作させてそこで勉強するというものでした。
完全にコンピューター任せのものから、インストラクターがいる場所で行うCAIなどいろいろな形態のものがあり、これが現在のeラーニングの原型になっています


現在ではパソコンにとどまらず任天堂WiiやDSなどの家庭用ゲーム機や専用のケーブルテレビのチューナー、専用の端末などを利用したeラーニングシステムなんていうのもあります。

そう言えばかつてNTTが推進していたキャプテンシステムという情報端末にも現在のeラーニングに相当するようなコンテンツがあったことを記憶しています。コスト削減や遠隔地の教育など活用領域が広く、今後も有望視されている分野です。

eラーニング購入にも使えるカードローン
職場への在籍確認電話なしカードローンモビット
オススメです
[PR]

by aporo_99 | 2013-03-11 04:14 | 教育
line

気になったことを書いていくよ


by aporo_99
line