ネガティブキャンペーン? 地上デジタル移行へのネガティブキャンペーン始まる


ビックカメラにてで地デジ化するのに何が必要か聞いてきました。









いよいよ1年後に迫ってきたテレビの地上デジタル完全移行化
ですが、現状では、デジタル放送を受信するための受信機が
あまり普及していないようです。そんな現状を打開するために
総務省と関係団体が徐々に本腰を入れてきました。


来月7月から、デジタル化のメリットをPRするとともに、
アナログ波のデメリットを視聴者に伝える
ネガティブキャンペーンも実施されるとのことです。



その第一弾として、NHKと民放連が共同で作った地デジPR
の番組「全国一斉地デジ化テスト」が、7月4日の
午後5時59分からの1分間、全国のテレビ局で同時放送される
そうです。この時間帯にテレビをつけている日本人は、すべて
目にすることになりますね。


番組の内容は、使用している受信機がアナログか、デジタルかで
内容が異なるそうです。デジタルの視聴者には2台目以降の
テレビにもデジタル化を呼びかけますが、アナログ波で
視聴している場合は、画面が「砂嵐」になるそうで、これは
視聴者に自分のテレビがデジタルではないことに気がついて
ほしいという意図が含まれているそうです。


その翌日からは、横16対縦9のデジタル用画面比率が地上波で
も採用されます。地上波は画面比率が4対3ですから、上下に
隙間が出来ることになりますが、この隙間に、つねに
デジタル化を呼び掛ける字幕が表示されるとのことです。


これまではエコポイントや助成制度などを前面に出した「アメ」
的な視聴者誘導がメインでしたが、普及が進まない現状に
「ムチ」を入れ、地デジ化へのスムーズな移行を行うための
予定通りの進行だということです。


総務省の調査では、デジタル対応受信機の普及率が83.8%。
あと1年で、100%までこぎつけるかどうか。テレビが
どれだけ日本人に求められているのか、真価が問われそうです。












iPhone 3G専用ワンセグアプリ(無料※2)が自動で設定。
iPhone 3Gの大画面で誰でも簡単にワンセグ試聴が楽しめます。








[PR]

by aporo_99 | 2010-06-28 21:33 | 社会
line

気になったことを書いていくよ


by aporo_99
line